初心者におすすめのFX

■初心者にも人気、外為どっとコム
FX取引を始めるにあたって頭を悩ますのは何と言ってもFX業者選びだと思います。FX業者のほとんどは初心者でもプロでも満足のできる数タイプの口座や取引ツールを用意していますが、特に初心者に人気のあるお勧め業者がいくつかあります。

FX業者ランキングで常に上位にランクインしているFX業者として「外為どっとコム」も初心者に人気です。業界一の口座数と預かり額を誇る外為どっとコムには評判の高いチャート機能も取り揃えられています。

外為どっとコムでは1000通貨からの小額取引も可能ですから、リスクを最低限に抑えて大切なお小遣いをしっかりと増やしたいという人にもぴったりです。

■100通貨単位取引なら、パートナーズFX nano
「パートナーズFX nano」もユーザーからの評価が高いFX業者のひとつとして知られています。デモツールを用意しているFX業者もたくさんありますが、いくらデモツールで訓練を重ねても実際の取引とは手応えが全然違うことが多いものです。その点、パートナーズFX nanoなら業界最小の100通貨単位で実際に取引を行うことができますので初心者の練習としては理想的です。

手数料はもちろん0円、スプレッドも全通貨共通で通常1銭ですから、ロスを心配せずにどんどん取引をすることができます。

取引ツールも1クリックで簡単注文ができる「パートナーズFX nano専用取引アプリケーション」やブラウザベースで取引ができ、インストール不要の「WEB取引サイト」など使いやすいものがいくつも用意されています。

■初心者も使いやすい、ひまわり証券のツール
「ひまわり証券」も初心者にも使いやすい取引ツールのあるFX業者として定評があります。無料・かんたん・選ぶだけのFX自動売買ツール「エコトレFX」なら厳選された売買システムから気に入ったものを選ぶだけでFXの自動売買をすることができますので、FX取引に慣れていない初心者には何かと便利です。

エコトレFXなら売買システムの運用や発注はサーバー上で行われますので、特別なソフトや専用パソコンを準備することもないようです。ひまわり証券にはこの他にも豊富なテクニカル指標や使い方に合わせて自由自在にカスタマイズができる画面操作機能、取引をリアルタイムにメールで知らせてくれるサービスなども満載した「ひまわりFX PRO」などのツールもあります。

トレードスタイルに合わせて「ひまわりFXシストレ口座」と「ひまわりFXレギュラー口座」から選ぶことができるのも魅力のひとつです。

FXのおすすめ書籍

■読書のおすすめ
FXは簡単なようで難しい取引ですが、FXで成功するためにはやはりできるだけFXの世界を知ることが大切です。FX業者のWEBサイトには「初心者のためのFX講座」コーナーを設けているところもたくさんありますから参考にするのもいいと思いますが、もっと本格的にFXについて勉強したいというのであればやはり書籍がお勧めです。

インターネット全盛の時代に“本”なんてと思うかもしれませんが、時間を見つけてぜひ読書に挑戦してみたいものです。

FXに関する本は数多く出版されていますが、外国人が書いた翻訳書などには日本人にはない切り口やヒントが詰まっていることも多いので、色々な知識を吸収したい人にはぜひ一読してもらいたいものです。

■FX初心者にもお勧めの1冊
とにかく1冊読んでみたいというのでしたら、やはり<b>ジャック・D.シュワッガーの「マーケットの魔術師-米トップトレーダーが語る成功の秘訣」</b>(横山直樹監訳・パンローリング)がいいかと思います。

アメリカのトップトレーダー16人とトレーダーの研究者である心理学者1人を対象に行ったインタビュー記事で構成されているこの本には「成功のカギとなる要素は何か」「相場に対するアプローチ法」「トレードルールは何か」「初期のトレードの経験」「他のトレーダーに対するアドバイス」などが盛り込まれており、FX初心者には参考になるところが多いと思います。

特に16年間で25万%という驚異的なリターンを実現したエド・スィコータ氏や2万5000ドルでトレーダーに転身し、現在は1日に20億ドル相当のTボンド先物をトレードするトム・ボールドウィン氏などのインタビューは必読です。

■伝説のトレーダー達を知る本
リチャード・スミッテン著の「世紀の相場師ジェシー・リバモア」(藤本直訳・角川書店)は恐慌を予測し、周囲からは狂気の沙汰と受け止められても気にせずに大暴落の中一人勝ちをしたリバモアの数奇な運命を描いた本で、単なるFXハウツーものとしてではなくエンターテイメントとしても楽しむことができます。

母親からもらった5ドルを手にボストンを目指して出発した14歳の少年リバモアが巨万の富を築き上げ、晩年にはピストル自殺を遂げて人生を終えるストーリーは迫力満点です。

カリスマ・トレーダーがわずか2週間の研修プログラムで養成した常勝投資軍団「タートルズ」の様子を描いたカーティス・フェイス著の「伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術」(飯尾博信・トキワ洋二監修、楡井浩一訳・徳間書店)などもおすすめです。

おすすめのFX業者

■初心者にもやさしいGMOクリック証券
FX業者はたくさんありますので、実際に1社を選ぼうと思うとかなり迷ってしまうものです。どのFX業者にもメリットやデメリット、特徴がありますので、FX初心者の人であればやはり初心者にやさしい業者を選ぶのがいちばんだと思います。

取引ツールが使いやすいという点から言えば何と言ってもお勧めなのが「GMOクリック証券」です。GMOクリック証券はオリコン顧客満足度ランキングで「取引ツールの使いやすさNo.1」に輝いているだけでなく、スワップだけの出金も可能ですので、中長期にじっくりと資金を運営したいという人には最適の証券会社です。

手数料はもちろん無料ですし、初回入金額の設定もありませんのでいつでも気楽に口座開設をすることができます。安心の24時間サポート体制も整っていますので何かわからないことが出てきたらいつでも確認することができます。

■スプレッドに定評のあるDMM FX
またDMM FXも人気の高いFX会社です。DMM FXには取引するたびにポイントの貯まるサービスもあり、貯めたポイントは現金に変換可能というメリットがありますので取引するのが楽しくなることは必須です。

スプレッド幅もドル/0.4銭から、ユーロ/円1銭から、ポンド/円2銭からと業界の中でもトップクラスの狭いスプレッド幅を実現しており、低コストで取引をすることができます。「ロスカット・ルール」「価格通知メール」「追証通知メール」「約定通知メール」「24時間入金」「ネットで出金」などのサービスも充実しており、WEBで表示できるチャートや取引ツールが用意されていますので、どこにいてもインターネットの接続さえできれば取引ができます。

デモ取引口座も用意されていますので初心者はここで練習をすることができます。

■自動売買ならシストレ24
FX自動売買で話題沸騰のシストレ24(インヴァスト証券)も人気の高いFX業者としてお勧めすることができます。

シストレ24は資本金59億円・JASDAQ上場でしかも自己資本規制比率1312.8%(2012年2月末現在)の安心企業で、通貨ペアも26ペアと数多く扱っているという特徴があります。オーストラリアドルやニュージーランドドルに挑戦してみたい人にはこのシストレ24を選択肢の一つに加えることをお勧めします。
注文機能も「成行」「指値」「逆指値」「OCO」「IFDONE」「IFDOCO」「2way」と充実しており、初回入金額も設定されていませんので手持ち資金を気にせずにFX取引を始めることができますし、即時入金やネット出金にも対応しています。

FXのおすすめ銀行

■便利な楽天銀行
FX取引ができるのはFX業者だけとは限りません。いくつかの銀行でもFXを扱っていますので、これからFXを始めようという人はFX業者を探す前に自分の取引銀行がFXを扱っているかどうか一度確認してみることをおすすめします。

FXのできる銀行の中でも特にお勧めのところといえば楽天銀行を挙げることができます。楽天銀行なら普通預金口座から無料でFX口座に入金が可能ですので、いつでも気軽にFX取引を開始することができます。FXには「取引所取引」と「店頭取引」の2種類がありますが、楽天銀行の場合は取引所取引を行なっており、東京金融取引所の「くりっく365」を扱っていますので有利でしかも安心だというメリットがあります。

楽天銀行が提供しているチャート機能やテクニカル分析に優れている為替情報分析ツール「e-profit FX web」を無料で利用することができます。

■通貨ペアの豊富な住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行も外貨預金やFX、くりっく365を扱っており、初心者でも使いやすいと定評です。住信SBIネット銀行の「Oh!FX」なら通常取引の手数料0円、小額からのミニ取引でも可能ですから「試しにFXをやってみたい」という人にはぴったりではないかと思います。

レバレッジは1、3、5、10、25または30の5コースから選択可能な他、通貨ペアも対円取引17種類・クロスカレンシー取引3種類の計20種類が用意されています。人民元や韓国ウォン、トルコリラなどに挑戦してみたい人はぜひ「Oh!FX」を活用することをお勧めします。

またスマートフォンアプリも無料で利用することができますので、いつでもどこでも手軽にFXしたい人にも理想的です。

■安心のジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行もFXを扱っている銀行の中ではユーザーの評価が高いことで知られています。

FX取引を始めるにあたって最も気になるのは安心性ですが、ジャパンネット銀行なら自己資本比率が35.09%と高く、銀行法で必要とされる4%をはるかに上回っています。資本金も372億5千万円あり、日本格付研究所(JCR)から長期優先債務格付「A」を取得していますので、大切な資金を不安なく預けることができます。

ジャパンネット銀行では取引タイプによって「一般タイプ」と「初級タイプ」の2タイプの口座を用意しているのも魅力です。数千円の資金で為替差益を狙いたいのであれば一般タイプ、リスクを抑えたい人のための初級タイプの両方を同時に利用することも可能です。

FXのおすすめの通貨ペア

■無難なペアから初めてみる
FX取引にはいろいろな通貨ペアがありますが、この通貨ペアの選び方によってはかなり利益を上げることができたり、逆に損をしてしまったりすることがありますので注意が必要です。

動きが多い通貨をペアとして持っていれば利益を出しやすいという印象を持っている人はかなり多いようですが、実際には予想外の動きをしてお金を失うことにもなりかねませんから初心者の人は注意しなければなりません。まずはそれぞれの通貨ペアの特徴をよくつかみ、無難なペアから始めるのがお勧めです。

無難なペアと言えばやはり「ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/ドル」といったところです。これらの通貨ペアなら値動きも比較的安定しており、ファンダメンタルの情報も入手しやすいというメリットがありますのでFX初心者の人は安定した値動きの通貨ペアから始めてみたいものです。

■「ドル/円」の特徴
それぞれの通貨ペアの特徴を見ていくと、たとえば「ドル/円」の場合ですが、「基軸通貨」と呼ばれている米ドルが世界的に見ても最強通貨のひとつであることは間違いありません。

1971年以前は「1ドル=360円」の固定相場制が採られていましたが、この固定相場制が崩壊して変動相場制に移行してから円は非常に強くなりました。現在、米ドルも日本円も金利0%に近い水準で横ばいを続けていますが、だからといってまったく利益が上がる見込みがないというわけでもありません。

2012年2月14日に日銀が量的金融緩和の実施を発表したとたん円安トレンドになったように、情勢にさえ注意していればいつかはチャンスが訪れるのがこの「ドル/円」通貨ペアの特徴です。

■「ユーロ/ドル」の通貨ペア
また世界的に取引量が最も多いのは「ユーロ/ドル」の組み合わせですが、昨今の欧州債務問題などによってどうしてもユーロ安・米ドル高の傾向が強いようです。ユーロは14か国で構成されている共通通貨ですが、FX取引においてはやはりユーロ圏でも最大の経済大国であるドイツの動きに注目する必要があります。ドイツの景況感に関しては民間シンクタンク「IFO経済研究所」が発表している「IFO景況感指数」が参考になります</b>。

通貨ペアに関してひとつ留意しておきたいのは取引時間です。言うまでもなくFXはグローバルな取引で、1日24時間動きがあるといっても過言ではありませんが、特にチェックしたいのは東京市場がオープンする朝9時から1時間程度、そしてロンドン市場などがオープンする午後5時以降です。

FXのおすすめの取引時間

■世界3大市場の取引時間
FXは世界中の通貨の動きによって成り立っている取引のため、常に世界情勢にアンテナを巡らせている必要があります。取引時間に関しても土・日(土曜日の午前6~7時から月曜日の早朝)を除いては24時間取引が可能なため、朝でも夜でもできるだけ取引の動きに留意していなければなりません。

とは言っても24時間取引に神経を集中しているわけにもいきませんので、主要市場の取引時間にポイントを合わせるのが得策です。世界中でも特に取引が盛んな東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場の3つは「世界3大市場」と呼ばれており、その取引時間はそれぞれ東京市場が8:00~18:00、ロンドン市場が16:00~3:00、ニューヨーク市場が21:00~6:00(夏時間採用期間は20:00~6:00)となります。

■夕方から深夜にかけてがポイント
世界的に見ると取引量がいちばん多い時間帯は日本時間の夕方から深夜にかけてとなっており、この時間帯にはヨーロッパ全域の銀行が取引を行なっているのに加えて東京や香港のディーラーも残っており、さらにニューヨークの銀行が参加してきます。

欧米の通貨当局からの発言や経済指数などが集中して行われるのもこの時間帯のため、大型注文が集まりやすくなるという特徴もありますのでチェックが必要です。

ですからサラリーマンや育児、家事などで日中は時間が取れない人でも夕方以降に集中して取引を行うことができるというメリットがあります。取引時間が9:00~15:00に限られている株と比較しても、FXは取引がやりやすい投資法だということがわかると思います。

■自動注文を上手に活用する
ただし夕方以降はPCに張り付いていなければ取引ができないというわけではなく、指値注文や逆指値注文などといった自動注文を利用すれば毎日数分の作業で効果的に資金を増やすことができるはずです。最近はいいツールがたくさん出ていますので、上手に活用して時間の有効活用をしたいものです。

ちなみにウエリントン(ニュージーランド)市場の取引時間は5:00~15:00、シドニー(オーストラリア)市場は7:00~17:00となっていますから、オーストラリアドルやニュージーランドドルを通貨ペアで持っていてその動きが気になる人は日本の早朝時間帯にチェックをするのがお勧めです。

FXは「習うより慣れろ」ですから、あまり時間に神経質にならずにいろいろと切磋琢磨を繰り返した上で自分の生活ペースにFX取引の時間を組み込んでいくようにするのがベストです。

FXのおすすめツール

■ひまわり証券のエコトレFX
FX取引を行う際に非常に大切なのがツールです。FX業者を選ぶ際にも、このツールの良し悪しが大きな決め手となることもしばしばあるほどです。たとえば初心者でもアクティブに取引ができると評判のひまわり証券ではシステムトレードツールとして「エコトレFX」を用意しており、ひまわりFXシストレ口座を開設すれば誰でも利用することができます。

エコトレFXとは厳選された売買システムから気に入ったものを選ぶだけでFXの自動売買ができる無料ツールのことで、操作が簡単なため初心者には大好評です。

エコトレFXならパソコンの電源を切っていても自動売買が継続的にできるというメリットがありますので、消費電力も節約できます。さらに利用料も無料ですから、いつでも気軽に始めることができます。

■メタトレーダーのおすすめ
またチャート表示ができるソフトの中で特にお勧めなのは「メタトレーダー(Metatrader)」というトレードソフトです。メタトレーダーは世界中で最もユーザーが多いトレードソフトで、対応しているブローカーが国内・海外を含めて非常に多いことが特徴となっています。

メタトレーダーは入手・インストール共に簡単で、ソフト自体の容量も小さいのでPCに負荷をかけることもありません。iphoneやAndroid用のアプリケーションもありますのでそれらを使えばスマートフォンからいつでもどこでもFXのチャートを見て売買することができますし、チャートにストキャスティクスやボリンジャーバンド、MACD、MA(移動平均)など多彩なインディケーターを設定すればさまざまな使い方ができます。

■マネーパートナーズの人気ツール
役立つツールをいくつも用意しているところとして定評が高いのはマネーパートナーズです。マネーパートナーズには「Hyper Speed」「Hyper Speed NEXT」「Hyper Speed Touch」「XFX」などといったツールが揃っており、いずれも操作性がいいこととスピード性が高いことが特徴となっています。

現在の価格をリアルタイムで画面に表示するスピードや表示された価格ですぐに注文できるスピードは業界でも随一です。

また、速いだけではなくてテクニカルチャートの数が多いのも「Hyper Speed」の魅力です。57種類のテクニカルチャートを表示させることが可能で、チャートの間隔(月・週・日・分)なども数字を入れて自由に設定することもできますので、慣れるとかなり使い勝手のいいツールになると思います。

FXのおすすめサイト

■FX投資ブログ FX初心者がお給料以外に月収30万計画
FXに関しての情報源には書籍、DVD、インターネットなどがありますが、この中でもいちばん便利なのはやはりインターネットだと思います。FX取引を開始するには最低限の用語やFXの仕組みなどを理解しておく必要がありますが、WEBサイトの中にはわかりやすい解説を載せているところがたくさんありますので上手に活用したいものです。

初心者であれば<b>「FX投資ブログ FX初心者がお給料以外に月収30万計画」などがお勧め</b>です。

FXおすすめ情報なども充実している他、「FXのはじめ方」や「使っているFX会社」「FX初心者の勉強法」など具体的な記事や「サブプライム問題」「値動きの激しい経済指標」「原油価格動向」「独立・企業」などためになる記事が満載されています。また、FXおすすめリンク集も役に立ちます。

■人民元・中国株・預金なら-Chin@Money
FX取引の中でも特に人民元に関心がある人には「人民元・中国株・預金なら-Chin@Money(チャイナマネー)」もお勧めです。GDPが日本を抜いて世界第2位になった中国は米ドル、ユーロ、日本円が停滞している現在、注目の的となっています。

くりっく365でもFXにおいて人民元の取り扱いを開始した昨今、中国の経済や株、預金、そしてインフレーションの可能性などについてじっくり勉強をしてみるのも悪くはないと思います。

同サイトでは中国の最新経済や金融情報も入手できるのでぜひ参考にしたいものです。「過剰流動性バブルによるインフレ」「人為的に誘導される人民元レート」「巨額の介入」などの記事もわかりやすく書かれていてためになります。

■地球上で一番わかりやすいFX口座!!
もうひとつお勧めのサイトは「地球上で一番わかりやすいFX口座!!」です。まったくの初心者を対象として書かれている同サイトでは「為替とは何か」「FXとは何か」「円高・円安とはどういう意味か」「外国為替市場はどこにあるのか」など、超ベーシックな疑問にもしっかりと答えてくれます。また各FX業者に対してのわかりやすいレビューもあるのでFX業者を選ぶ際にも参考になります。

FXに関するサイトは無限と言っていいほどありますが、その中でも<b>役に立つのは実際に初心者でFXを始めた人のブログやツイッター</b>などです。失敗談なども具体的に書かれているので初心者には心強いと思います。

それともうひとつ、見逃せないのが2chです。2chには他のサイトでは読めないような率直な情報がたくさん掲載されていますのでぜひ活用したいものです。